日々勉強しないと、いつまでの表面だけを追いかけてしまいます

しかし日経強いですね。この調子で2万円まで行って欲しいと真剣に思ってます。予想ではありません。希望です。

しかし前日月曜日のNYダスとナスダックは、再びマチマチでした。しかしながら良くある前日終値付近の僅差でのマチマチではなくて、ダウ先・ナス共に独自の方向性を持ったマチマチでした。珍しいですね。

こういう場合はどう解釈すれば良いのでしょうか?ひとつには、同じく米国の指標で指数先物では圧倒的な出来高を誇る、S&P500も参考に見てみると米国相場の雰囲気が見て取れると思います。ちなみにS&P500は6連騰しています。

それぞれの日足を見てみてください。私がここに書くまでもなく明確ですが、ナスダックが先に12月に良いパフォーマンスを出してしまった為に、ここに来て足踏みをしている感じですね。14日のインテル決算待の様子見かもしれません。

さて、最近のデイトレードですが、正直なところ難しい相場が続いていると思います。往って来いの連続で嫌になっている方も多いのではないでしょうか。ヘタこいてロスカット、うまく入っても振られて小利とか嫌になってきますね。

私自身は、何度も言っているように、米国の動向から日中の往って来い相場を想定しますので、まだ大丈夫ですが、いつもトレンドを追いかけて、トレンドファローを狙っている人には、往復ビンタでは済まない程やられても不思議ではありません。

こういう相場で、今までのコツコツ貯めた利益を吹き飛ばさないように注意したい時です。

さて今日ですがCME清算値が10835円です。ここは、直近の高値となりますので基本的には売りポイントです。ただ、連日この辺りを何度も高値アタックしてますので、先日も言いましたがそろそろ抜けるかもしれないという覚悟は必要です。

ファンダメンタルとしては、JAL問題とGSによるユニクロ(店名で省略)の格下げがありましたので目線は売り(いつも売りやないかい!っていう突っ込みがありそう)

JAL問題をどう捉えるかですが、指数への影響度は低いと思ったのですが、心理的な影響度は結構大きいと思いました。さらに雇用統計も出尽くしで、ここはひとつ例年の2月の末への上昇相場へ向けての調整があるのではないかと思っていました。そしてこのJAL問題がいいきっかけになるのでは・・・との読みです。

予想通り、JAL問題の心理的影響はそれなりに大きかったようで大証日経225先物はCME清算値より大幅に下での寄り付き。この位置では予定していた売りではとても入れません。じゃあ買うのか?と問われれば、真下にMODEと5MAがありますのでテクニカルだけ見てる分には買えないこともありません。

しかし、JAL問題がやはりありますのでここで買うことはできませんでした。実際JAL問題を契機に、こんなに寄り付きが下がっているという事実があるわけですから。

しかし本当に強いですね。大口の売りも出ますが、すかさず拾ってきます。寄り付き時の弱気は何だったのか?トヨタとか高値更新ですよ。

後場の上昇ですが、@830買いで入ったものの、結局1時間近く粘った末に諦めて同値撤退。直後に上昇です、相場ってほんとこういうところがお決まりですよね。

根性が足りずに利益にすることは出来ませんでしたが、@830で買いに入った理由はトピックスです。今日は気合の入った大型株買い(先程のトヨタやソニーなど)にガシガシ買いが入っていました。

日経225先物だけ見ると高値を付けるのか、跳ね返されるのか判断に迷いますが、下のチャートのように、トピ先を見るとこの時点で明確な上昇トレンドです。

日経225先物のトレンド確認

結局今日の引けの手口を見ても、先物に関しては大きな傾きのある手口は見当たらず、現物がかなり買われて
強かったいうのが本当の所のようです。買い主体は米国系の年金と言われているようですが、どうなんでしょうか。

さて、今日も約定履歴を載せてみました。今日の前場の取引です。@810売り、@770買い(+40円)です。不特定多数の方が見える場所ですので、いくつか伏せてありますが、注文番号は載せておきます。

日経225先物約定記録

私が載せている約定記録は当然全部本当ですが、今時の技術を使えばこんなものはいくらでも偽造が可能だと思います。私に取ってもたやすい話です。もちろん注文番号の数字の偽造はできませんが。

何が言いたいのか・・と言いますと、良くある情報商材とかで載っている数字は、何でも今時は偽造できます。預金通帳などが載ってるものもありますが、あれだって自前のプリンターで印刷すれば全然可能でしょう。虚しい作業ですよね。実際の通帳は銀行には失くしたとでも言って新しく貰うのでしょうか?

結局ですね、何か言いたいのかと言えば表面上には惑わされないで欲しいということです。こういう数値はあくまでも表面上の話であって、それが本物かどうかは話の中身で判断した方がいいということです。

要するに日々勉強をしている人は、いくら表面上の数字を見せられても、言っているその中身でそれが本物かどうかがすぐにわかるということです。

「楽をしたい」 → 「勉強を怠る」 → 「表面上の物事に騙される」
ではないでしょうか?

誤解を恐れずに極論を言えば、例えば私の約定記録が本物か偽物かはどうでもいいことです。そこにコダワルと本質を見失います。日々追求して勉強している人であれば、自然と見分けがつくものです。いくら精巧に表面上を作ったところで全く無意味だと思います。

私もまだまだ勉強中ですので、日々の書き込みの中に間違いも混ざっていると思います。ぜひ、勉強を重ねて間違っていると思う部分はご自身で弾いていってください。

——————————————-

『自分のために何かをしようとしない人に対しては、
誰もたいしたことをしてくれません。』

Silver.B
http://www.kings-trade.net/