恐怖への対処

アホですなあ,なんと今日は蓋を開けてみればクレディ・スイスが7600枚の
買い越し。久しぶりにこんな大規模な枚数見ましたわ。

さて,まずは寄り付き前の「日経225先物航海図」と私の目線と書き込みをどうぞ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[1804] 無題 投稿者:Silver.B 投稿日:2010/10/14(Thu) 08:14
おはようございます。
CMEを補正しました,< 略 >


連日やりにくい日が続きますね。大証日経225先物が寄るまでは強い雰囲気なのですが,寄ってからはやたら弱い。
今日は私はどちらかと言えば買い目線ですが,二日続けて日中のこの下落なので,少々気分的にまいっております。


米国は順調に上昇しました。JPモルガンなど決算発表が良かったなどと言われてますが,当のJPモルガンは下落しています。
ようするに,昨日の米国の上昇はいろいろ言われていますが,真っ当な理由はありません。


昨日の日本もやたらとメガバンクが売られたようですが,ここでも理由が見つかりません(細かい理由を挙げればいくらでもありますが)
それだけ明確な材料がないのかもしれません。


今日の私の目線はどちらかと言えば「買い」今週はこれで3度目の正直の買い目線になりますが,連日外れていますので(大証寄り付きまでは合ってましたが)自信があまりありません。


航海図テクニカル的には,寄り付きから積極的に売っていくには難しい感じがします。


なんらかのきっかけで前日高値を超えて@520-@530辺りをつけて,S-5や前日高値@510をサポートにしてくれると上方向への流れになるのではないかと感じています


ということで,おそらく私は●●●●で買っていく予定でいます。
明確に@500を割ってきたら,ロスカットをする予定です
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ということで,予定通り@500買い。その後は急上昇で大量利益・・・・

・・・・のはずだったんですが(^^;)>
なんと,久しぶりにやってしまいました,底値ロスカットorz -20円
また運の悪い事に,今日から基本的な枚数を増やしていました。

枚数増やすタイミングって難しいですよね。いつも最初はコケるんですが
今回も初日コケてしまいました。

予定外だったのは,この急激な円高ですね。これがなければ20円幅での
このようなロスカットはしてなかったですね。皮肉にも切った直後に
切り返していきました。

掲示板にもリアルタイムで書きましたが日経225先物は上に行きたがって
いたのですが,いかんせんこの円高にはさすがに恐怖が走りました。

同時にユーロドルも急上昇していましたので,「もしかしたらドル暴落?」
という言葉も頭をよぎりました

この時の直接の原因はシンガポール通貨庁のサプライズな”為替レンジ拡大”
を謳った「半期金融政策報告」でした。市場はこれにノーマークだったようで
大きな反応を示したわけです。

私自身はこの情報を9:00過ぎに知っていましたが,シンガポールの
”為替レンジ拡大”がどのような影響になるのか,勉強不足で
全く想像が付きませんでした。

ですので,このドル円の急落とユーロの急上昇だけを見て”恐怖”を覚えたわけです。

★しかし,相場における恐怖というのは”無知”や”勉強不足”から来ると
思っています。身につけた数々の知識でトレードがすぐに上達するほど
甘いものではありませんが,理由を知っているという事実が感情の揺れを
少なくしてくれる・・・・この効果は大きい

さて,ジェシーリバモアが我が子に相場について語る場面があるのですが
相場の恐怖について次のように語っています(一部加工)

——

「恐怖が一旦姿を表すと,生存本能が精神全体を取り仕切るようになり,
通常の理性など片隅へ追いやられてしまう。いつもは物わかりのいい人
なのに,恐怖にとらえられると反理性的な行動をとることになる。

悪いことに損失が拡大し始めると,恐怖心が急速に頭をもたげ,通常の
判断力はどこかへ行ってしまう。

人間は進化したといっても,これが現段階での本性,実態なんだ。これを
消し去ることはできない。十分に理解し,そのうえで取引に望むしかない」

——

今日はあの猛烈な円高とユーロ高を見た私は「ドル暴落の悪夢か」の恐怖に
とらわれていました。折しも私は昨日高値で純金のETFを購入しましたが
さらに上がっています。

明日は「ドル暴落の悪夢はあるのか?」について話をしたいと思っています。

Silver.B
http://www.kings-trade.net/