恐怖への対処法

○いきなりですが、「死ぬ事」は怖いですか?

普通の人は怖いでしょうね。

○では「風邪をひく」ことは怖いですか?

そんなに怖くないですよね、なぜ怖くないのでしょうか?

それは対処法を知っているからですよね。風邪薬を飲んで病院にいって・・・

○では「白血病」は怖いですか?

怖いですよね、昔はこの病気は死を意味しました。風邪と比べると格段に怖い。
ですが、最近は医学も進歩して随分とこの病気への恐怖は和らいでいると思います。

○では、もう一度聞きます、「死ぬ事」は怖いですか?

怖いですよね、普通は。
しかも白血病と違って死んでしまった場合は治療法がないので、死を治すことはできません。

 

しかし人生で白血病にかからないことはあると思いますが、「死ぬ事」に遭遇
しないで済むことはありません。必ず遭遇します。

それでは人間は「死の恐怖」を和らげる為にはどうすればいいのでしょうか?

それは「風邪を引いた場合」「白血病にかかった場合」と同じく、それに関して
勉強して理解を深めておくことです。そうすることで怖さは半減します。

目を背けるのではなくて、「死ぬ事」について勉強しておくことです。

●死ぬことは肉体が滅びるだけで、魂は滅びないこと

●肉体が滅びても現在のあなたの意識はそのまま残っており、良い性格も
嫌な性格もそのまんま残ること

 

●今回の肉体の人生で「やり残したこと(後悔)」は、次回やその先の人生で
いつかは必ずやらないと輪廻転生は終わらないこと

 

●肉体は滅んでも魂は死なないので、自殺をしても死ねないこと。死ねないのに
自殺時の苦痛の記憶は残存するので、ずっと苦しさ百倍です。そんなお得でないことは
しないほうがよいこと

 

●さらに自殺の損なところは、先に書いたように「やり残したこと」はいつか
乗り越えないと終わらないので、全然人生から逃げれたことにはならないこと

 

●死ぬことは終わりではなくて、次回の人生の為にスタートラインであること

・・・などなど他にもたくさんあるのですが、簡単に言うとこんな感じ。

つまり「死ぬ事」について事前によく勉強して正しい知識を吸収しておくことです。
そうすることによって、いざ死ぬ段になって慌てたり、恐怖におののくことなく
冷静に穏やかに死を迎えることができます。
つまり「死」がそれほど怖くなくなります。

死んでも実際には死なないので(ややこしいねえ(^^;))
正しい知識がないと「あれっ、俺死んだはずなのに生きてる」となり、そういう
方々が地縛霊として意味なくお残りになってしまうことがあるので、ご自身が
そうならない為にも生きている間に正しい知識を身につけておきましょう。

なんて話をした後に・・・・実は今日の本題はここからなのですが・・・

相場に勝つためには、日頃からいろいろ勉強しましょう。自分が有益だと思う
相場の知識はどんどん吸収しましょう。自分の無知を嫌いましょう。

なぜこんなことを言うかと言えば・・・・何度も言っているように相場に
絶対はありません。勝率95%だと思っていたって、突然の格下げニュースや
突然の日銀介入で負けることもあります。

要するに相場というのは自分の思うようにならないわけです。
最初に書いた「死」もそうです。突然明日やってくるかもしれない。
でもそれは自分にはどうしようもできないことです。

自分ではどうしようにも出来ないことに人間は遭遇すると「恐怖や苛立ち」を
感じることになります。

そうです、含み損を抱えてロスカットの恐怖に怯えている状態の時です。

含み損を抱えてロスカットの恐怖に怯えている状態

 

 

そんな時に、知識や経験が豊富で、自分の頭の中の引き出しが多いと、感情の
揺れが少なくなります。

感情の揺れが少なくなると、潜在意識の「恐怖心」からの縛りが緩くなり
冷静な判断がしやすくなります。

そうすると、瞬間的に相場を冷静に判断でき、天底ロスカットになる確率が
減って行きます。

つまり知識そのものでトレードが即座に上手になるというよりも感情の揺れ幅が
小さくなり恐怖も縮小することによって、結果としてトレード向上に役に立つ
と思っています。

「勉強する」「知識を得る」ということは必ずしも何かを向上させるという
意味だけではなく、自分の気持ちの安定にも寄与するという効果があります。

この効果について、はっきりと認識している人は少ないと思いますので今回の
日記で書いてみました。

Silver.B
http://www.kings-trade.net/

・投資助言代理業 東海財務局長(金商)第153号
・適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出済み