2012年3月度の成績

2012年3月度の成績のその前に・・・・

今日の相場ですが、にあるように「基本買い」でしたが、朝の急激な
円高に雰囲気が一変しましたね。

nanakoさんが掲示板で言っていたように「売り」に転換したくなりました。
本当に相場は生き物ですね。

朝からドル円急落

 

話しによれば実需のドル円売り(円高方向)に対して、乗じてインターバンク勢が
ストロスを狙いに行ったとか、行かなかったとか・・・

この信ぴょう性はわかりませんが、その後の現在までに至る戻しを見ると
ストロスを狙いに行った感バリバリでしたね。もちろん、これは結果論ですが・・
ここではドル円売りで少しいただきました。

 

さて・・
★2012年3月度のトレード成績です。

トレード数:14
勝ちトレード:11
負けトレード:3
勝率:78.5%

収支: +60円(手数料差し引き済みの実損益・税金は引いてありません)

225先物 及び海外指数取引も含みます
FX は全く入っていません。

・・・でした。二ヶ月連続でショボッ(*.*)

これは

ラージ10枚なら   60万円
ラージ5枚なら    30万円
ラージ1枚なら     6万円
ミニ5枚なら      3万円

となります。

・・・いやあ、しょぼいわ、二ヶ月連続で100円を切ってしまった。
これはいけないなあ。ちょっと恥ずかしい・・・と感じる。

トレード手帳を見返してみると、前半はまあまあかな?
でも、中盤で日銀の緩和に期待した「買い」でやられてました・・・・

そして後半はほとんどトレードがありませんでした。

・・・とまあかなり寂しい状態です。

言い訳を言えばたくさんあります。場中の値動きがなかった・・・それから
こっぴどい風邪を2度も引いたこと・・・病院検査などなど・・・

先月(2月)は4週のうち3週も出張で物理的にトレードが出来なかった
わけですが、今週は体調悪いながらもトレードは(先月よりは)出来る環境に
ありました。

でも、大きく判断すると、稼げなかった要因は次の3つかな
●得意パターンの日が殆どなかった
●稼げたヨーロッパが基本的に静かになってしまった(笑)
●上記2つの状態だったので、仕方がなくFXに力を入れていた

というのが実情です。途中からFXに力を入れてウォッチしていたので
株価指数でエントリーできた場面でも、FXでエントリーしたりして
いたので、その影響もそれなりにあります。

FXは順調に口座残高が増えていますが(もちろんデコボコはあります)
、トレード帳をつけないと成績が上がるというジンクスが途中であったので、
特につけずにいたのですが・・
(もちろん、FX会社の約定履歴を検索すれば出てきますが、そうで
なくて個人的な反省や気づいた日々のトレードのことを書く帳面のこと)

今月4月からはFXもトレード帳をつけることにして、つけ始めています。
というのもFXの収益がだんだん馬鹿にできなくなってきてしまったのも
あります。

今年のスタートはワンショット20万通貨で始めたのですが、先月途中から
基本ワンショット40万通貨でやってます。今月中に50万通貨に上げたいと
思っています。

今年末での目標はワンショット100万通貨で安定して勝てることでしょうか。
出来ればもうちょっと枚数を増やしたいです・・・って欲張ってばかり
ではいけませんね。一応目標です。

まあ、ワンショットの枚数を上げられるかどうかは、勝率次第かなあ・・と
現在は考えています。

 

さて、話は変わりますが、今日思わず笑ってしまった記事をひとつ

人事担当者が真実を明かす「DQNネームのせいで就職できない」

http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00001247

最初題名を見た時は「くだらない記事の予感」と思ったのですが
これが意外と面白かった(^^;)

特に文中のこの部分

———————-
本当に名前が原因で就職できないなんてことがあるのでしょうか?
この真相を探るべく、某上場企業(2000人規模の食品加工メーカー)の人事担当者に
お話をうかがってきました。

人事担当者A氏によれば「実際、応募書類を確認すると、有名大学の学生にはDQNネームは
少なく、また高卒採用枠では多いのが現状。この事実から見ても、知性と名前が関係して
いるように思える」とのこと。

名前だけで、能力の良し悪しまで判断されかねないということですね。
実は、社会的地位の低い層の子どもは変わった名前が多い、というのはアメリカの研究でも
明らかになっているそうです。

実際に会ってみた印象はというと、「DQNネームの学生を面接してみると、自己紹介の声が
小さいひとが多い。名前を言うのに抵抗があるように感じる」そうです。
—————————-

いやあ、人事担当者の一人の意見なので断言はできませんが、しかしこの方も
履歴書はおそらく大量にこれまで見てこられたと思いますので、少なからず
そういう傾向はあるのでしょうね。

私の住んでいる地域も田舎ですので、結構変わった名前多いです(汗)

「個性が大事」「個性を強調したい」この気持はよくわかるのですが、結局
”奇をてらっている”だけになっている感じがします。

変わった名前が悪いわけではない・・・・もちろん・・・ない。

これは名前だけでなく、ビジネスや仕事でもそうですが、ただ単に”奇をてらった”
珍しいものと、基本の考えや理由がしっかりしている珍しいものでは、
全く存在意義が異なり、一見似ていても中身は全く異なってきます。

つまり、名前でも単に「画数」が良い・・・といっても、では「画数」って何?
それが良いと何が良いのか?などを理解した上で付けた名前と、上辺だけで
決めた名前では根本的に異なります。

”仏作って魂入れず”・・・に近くなってしまうと悲しいですね。

無理やりトレードに繋げるつもりはありませんが、トレード理論やトレード法も
何故そうなるのか?をある程度明確に説明できなければ・・・ダメだと私は
思っています。

Silver.B
http://www.kings-trade.net/
・投資助言代理業 東海財務局長(金商)第153号
・適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出済み

『幸福を人と分かち合えば、それは減るどころかさらに増大します。
幸福は、人に与えることによって増大する財産なのです。』