勝率の高さの秘訣

私が最近リアルタイムで見ているチャートです。

イタリア国債

 

スペイン株価指数

 

インヴァスト証券でのオンラインセミナーでも何度も話して
いますが、トレードを行う時は世界の情勢を確認しながら
得意銘柄をトレードします。

 

そうそう、次回のセミナーですが、こちらです!!

 

今回も面白い話が出来ると思いますので、是非、当日
来てくださいね(^^)/ オンラインですが・・

トレーダー予備校青山塾(第二回)

 

そうです、トレードにあたっての得意銘柄は人それぞれ
違うと思います。私とあなたの得意銘柄が違っていることは
往々にしてよくあります。

 

・・・が、ご存じの通り現在は世界中の市場が全てつながっています。

 

その時の旬の話題の銘柄による影響を、どんな銘柄であっても
受けるのが現在です。

 

ですので、主要なNYダウやDAXなどを見るのは当然として
その時の旬の話題の銘柄を常に見ておくことは重要だと思っています。

 

例えば、仮に現在原油が大変な高値圏にあった場合は、主要指数と
並べて原油をウォッチするのが良いと思いますし、それが
ゴールドであれば、それも同様です。

 

そして今は何かといえば・・・やはりスペインとイタリアですね。

 

理由はあえて言う必要はないでしょう。

 

例えば昨日も一昨日もそうですが、欧州のDAXやFTSEなどは
小動きであったものの、スペインの株価指数はそれなりに動いて
います。

 

上のスペインの株価指数のチャートを見てもらえばわかりますが
同時間のDAXやFTSEが10-20pips(10-20ユーロ、
10-20円と考えてもらってもほぼ同義)程の値動きに対して
ここでは、60-70pips動いていることがわかると思います。

 

・・・それならということで同銘柄を直接取引しても良いわけですが
(時々私はしますが)、原油やゴードルならいざしらずマイナー銘柄は
取引単位がよくわからかったり、スプレッドが思いのほか大きかったり
といろいろと制約も多いものです。場合により、資金の分散の問題も
発生しますね。

 

ですので、個人投資家にオススメなのは、やはり

 

★「旬の銘柄のチャートを見ながら、得意銘柄のトレードの精度を
上げる」

 

・・・がオススメかと思っています。

 

例えば、昨日のスペインのチャートの四角で囲ってある部分。

 

この部分の同時間のユーロドルの値動きはこんな感じ

ユーロドルの動き

 

随分とひどい上下運動ですよね。

 

終わってしまったチャートですので、ピンと来ない方も多いかも
しれませんが、これユーロドルだけを見ていると最初の上げの後に
押し目を拾いたくなるし、次の下げでは売りも試してみたく
なるようなチャートです。

 

しかし、実際はそれを行うと、これはモロに往復ビンタになります。

 

ですが、昨日の私もそうですが、スペインのチャートも同時に
見ていると様相は異なります。

 

まず、昨日ユーロドルがスペインの債権や株価指数に影響を受けている
のは明らかな状態です。

 

この時にユーロドルが一旦上昇を始めて、これだけ見ていると
先ほど言ったように、下がったところで一旦押し目を拾いたくなりますが、
ここでスペインのチャートを見ると、実はそれほど上げておらず、
すぐに叩かれて上髭をつけて、即座に下方向に安値を割りに行っています。

 

つまりユーロドルは押し目のチャートであっても、同じタイミングでの
スペインのチャートは全く押し目ではなく、むしろ下に突っ込んだ状態
だったのです。

 

この状態でユーロドルの押し目を拾うのはリスクが高いとわかります。

 

とこんな感じで、私はひとつのチャートだけを見ることはなく、
世界全体や、瞬の銘柄との流れに合わせてトレードを常に行なっています。

 

これは225先物は当然のこと、欧州の株価指数やFXも同様です。

 

これが私のトレードの勝率の高さにつながっていると思います。
ひとつのチャートだけを見てのトレードの勝率にはやはり限界があると
思います。

 

これら銘柄のリアルタイムのチャートをどこで見られるかですが、
今度メルマガで紹介しますので、メルマガ登録がまだの方はどうぞ

http://www.kings-trade.net/blog/wp-content/themes/kingstrade/form.php

 

では、皆さん良い週末を(^^)/
27日からオリンピックが始まりますね。こうなると欧州時間は
相場動かないんだろうなあ、やだなあ(*.*)

 

Silver.B
http://kings-trade.net/
・投資助言代理業 東海財務局長(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出済み

 

『ライバルと戦うよりも、力を合わせた方が賢明な場合もあります。』