そう言えば、あなたも買収されてましたよね?

皆さん、こんにちは。

トレードの方は、まあボチボチでんな。

最近は日経で見つけた面白いなと思った記事の紹介が多いですが、今日もそうです(^^)

またトレードでも、面白い話があったら書きますね、そうそう来週は東京オフ会です。

さてさて、ソフトバンクの孫正義は凄いですね。男としての大きな器が本当に凄いと思います。

私が若かりし頃に務めていた大手IT企業では、システムを組む時のソフトウェアの仕入先の
ひとつがソフトバンクでした。当時はまだ”インターネッツ”なんて小洒落たものはありませんでしたのでソフトウェアの仕入れはもっぱら、パッケージになったソフトウェアを郵送してもらうことでした。

ホントにただのソフト卸業で、まさに”ソフトバンク”でした・・・とはいえ規模は小さいもので
バンクと言う割には持ってないソフトも結構あったかな(^^;)

しかし、今や世界も認める躍進企業になりました。凄いですねえ。

そして、皆さんもご存じの最近の英国アーム社の買収です。この男は数年ごとにサプライズを巻き起こしてくれます。   本人曰く、「守りに入るといけないので常に自分に重しを載せる」そうです。
普通と逆ですね、普通の人間は「安心」が欲しくて、ドンドン重しを降ろしてしまうものですが・・・

この時の舞台裏を日経新聞で連載しているのですが、非常に面白いです。オススメ。

下の記事の連載の二回目ですが、途中で個人的に笑ってしまった箇所があったので指摘!!

わかる方は私がいちいち解説しなくても、この部分の面白さは共有してもらえると思います。

連載記事は「日本企業が英国のアーム社を買収すること」への反応の記事なのですが、
なぜそんなに英国の反応を気にするかと言えば

「アーム社は英国の比類なき資産」・・・・だから・・・だそうです。

まあ、それはそうだと思うし、いいとして、「英国の比類なき資産」とお墨付きをしているのが
ファイナンシャル・タイムズですが・・・・ここ、少し前に日経新聞が買収しましたよね(笑)

しかも、この連載記事を書いているのが、お前自身(日経新聞)じゃないか?

・・・と突っ込みどころ満載の部分です。

わかってもらえたかな?この面白さ、まるで「あわせ鏡」のような感覚です。

Silver.B(青山  竜也)
・株式会社アオヤマ・インベスターズ・パートナー  代表取締役
・投資助言代理業 東海財務局長(金商)第153号
・ABホテル株式会社  社外取締役
・安城ロータリークラブ  理事

  『まず足もとの問題と言う人は、生涯足もとの問題から離れられない人が多い』
                                                                                   孫正義

?