5日線の落とし穴

今日は下がっても下値は硬いと思っていました。
今朝の「日経225先物航海図」はこんな感じ。


日経225先物航海図

なかなか読みづらいですね。ただシャドーCMEの形状から下値は硬いと思っていました。
結果的にCME精算値より高く寄付いて窓埋めが狙えましたが、多少弱く寄り付いて売ってOKな感じの日経225先物航海図です。

9990円の前日終値とMODEの重なるところが硬いのは見ての通りですが、もうひとつポイントがあります。

5日移動平均線(5MA)です。前日までの5MAでの計算では10060円になると思いますが(図中)5MAというのはブレが大きく、寄り付くと変わりますので朝の戦略時に注意を要します。(速算値と前日精算値どっちを参照すべきかという議論は残りますが、私は速算値でトレードしてます)

なので「日経225先物航海図」では、予想5MA(図中S-5)を表示させるようにしています。
こうすることにより、寄付きで慌てることなく、9990は前日終とMODE意外に、5MAもあって抵抗が硬いことがわかります。

今日の日足を表示させてみると

日経225先物航海図日足入り

ここで反転していったのがわかると思います。
個人的には今日はバタついていて結局トレードはありませんでした。それと、休みの狭間で下に書いてあるように、プレイヤーが少ないと思ったからです。

そう言えば、今日見た場中のニュースで和田さんと言う方のコメントがおもしかったです。
ギリシャのソブリンリスクの問題は右往左往してますが次の一言が象徴していう話

★肝心のギリシャ本人が「助けてくれ」と言っていない

なるほど、確かに・・この一言ですべて納得できるような。
なので周りの対応も煮え切らないのかも。

みなさん、良い週末を。

来週は月曜がアメリカが休場で、来週一週間は旧正月で上海が休みです。

———————————————————–

『あなたの仕事は、
あなたが想像する以上に大きくなることは
決してありません。』

Silver.B
http://www.kings-trade.net/